ホーム製品紹介 ≫ 最薄葉紙製法

最薄葉紙製法

最薄葉紙製法

製造方法

 当社は、昔から伝わる土佐和紙抄紙技術を化学的視点で見つめ、その技術を一歩進化させた湿式抄紙技術を開発しました。 この技術により世界で初めて合成繊維100%のビニロン紙が生み出されました。
 湿式抄紙技術とは、数ミリ(5mm)程度の繊維を水に分散し、金網で抄くことによりシートを形成する技術です。

製造方法

一般的な湿式抄紙法

製造プロセス

process01
process02
process03

叩解、薬品の添加を終えた原料は、抄紙の工程ワイヤーパートに入ります。ワイヤーパートでは、原料は大量の水で薄められ、1%以下の薄い紙料液を抄紙機のヘッドボックスからワイヤー上に均一に流出させ、多量の水を脱水しながらここで紙層を形成します。

process04

ワイヤーパートである程度脱水された湿紙は、次にプレスパートに入り、更に搾水されます。プレスパートでは、湿紙は毛布の上に乗せられ、お互いに接触して回転している2本のロール間を通すことによって、水が絞られます。

process05

プレスパートで、機械的に搾水された湿紙は、次にドライヤーパートに入ります。このパートは、ヤンキードライヤーで構成され、紙がその表面に接して走行している間に、ヤンキードライヤーの熱によって乾燥されます。

process06

ドライヤーパート後、紙は抄紙機の出口(リール)で巻き取られます。

当社の独自技術

前述の製造プロセスの原料分散から仕上げに至るまで、1つ1つのプロセスについてノウハウの蓄積、技術の承継、改善を実施し最薄葉紙(機能紙)を実現しました。

実施例

  • ポリエステル100%不織布 坪量4g/m2、厚さ20μm
  • ポリオレフィン100%不織布 坪量6g/m2、厚さ42μm

実績

昭和62年(1987年)には、「ステンシル用極細ポリエステル紙薄物」にて第2回高知県地場産業大賞を受賞いたしました。ポリエステル繊維100%で1m2あたり5gという超軽量の湿式不織布を実現したことによるものです。更に技術を進化させポリオレフィン繊維100%についても同様の薄さ(軽さ)を実現しております。

6g/m2ポリオレフィン100%不織布

6g/m2ポリオレフィン100%不織布 6g/m2ポリオレフィン100%不織布

詳細は弊社までお問合せください。
お問合せはこちらから

製品紹介PRODUCTS