ホーム製品紹介 ≫ 製品一覧

技術を支えるのは、確かな開発力。

技術を支えるのは、確かな開発力。

技術を支えるのは、確かな開発力。

昔から伝わる土佐和紙抄紙技術を化学的視点で見つめることにより、その技術を一歩進化させた”湿式抄紙技術”が誕生。それは、高度な機能性を秘めた紙新時代の幕開けでもありました。HIROSEは、長年にわたる高分子化学の研究によって蓄積した数々のソフトと、その研究成果でもあるフォーメーションを基に、世界で初めての全く新しい紙”100%合成繊維紙”ビニロン紙の開発に成功しました。現在では、その原料も、天然・合成繊維からガラス繊維、金属繊維など千差万別。目的・機能にあわせた多種多様な製品を開発し続けています。そして、その確かな品質とより高度な機能性は、身近な生活品はもとより、化学・工業・産業・医療等の分野で活躍しています。

パピロン®原材料 ビニロン

ビニロン繊維100%。ビニロンの難溶解繊維を易溶解繊維バインダー(PVA)で強固に溶解接着させた100%合成繊維紙で、日本で初めて開発された湿式不織布でもあります。紙質は非常に高強力で、天然繊維のなかで最も強いと言われている楮手漉和紙よりもなお強い値を示しています。また、耐折度、耐摩耗性をはじめ、耐アルカリ性、耐油・耐熱性等すぐれた機能を有し、湿式不織布の存在を確たるものにしました。

1963年特許権取得。
用途:バッテリー用セパレーター・合板補強材・土木資材等

TH原材料 ポリエステル

ポリエステル繊維100%で作られたノーバインダーの湿式不織布。THは高密度タイプ、中密度タイプ、超高密度タイプの3種を有し、それぞれ、耐熱寸法安定性、耐酸性、樹脂含浸性等に優れた特性を発揮します。特に、耐熱寸法安定性は200℃まで安定しており、幅広い分野で重要な役割を果たしています。

用途:絶縁テープ用基布・オイル、エアー等フィルター・デジタルサーマル原紙等

HOP原材料 ポリオレフィン

ポリオレフィン系繊維100%で作られた他に類を見ない湿式不織布。HOPには、低温シールに便利な2層構造の2Pタイプと1層構造のHタイプがあり、2Pタイプのヒートシール温度は約110℃、そしてHタイプのヒートシール温度は約140℃です。繊維接着については熱のみを使用、薬品は一切使用しておりません。従って、食品用、メディカル用としても使用することができます。

用途:透湿フィルター・メディカル用防水シート・ラミネート用基材

EP原材料 ポリエステル・ポリプロピレン

ポリエステル繊維とポリプロピレン繊維を、”2層構造”で抄紙した100%合成繊維のヒートシール原紙。約200℃の熱によって繊維を接着しているため、その原紙強力は乾燥時はもちろん、水・熱水・煮沸中に於いてもほとんど低下は見られません。また、従来のヒートシール原紙と異なり、PVAや紙力増強剤は全く使用していないため無害で、そして無味無臭。食品等、本来の風味をそこなう事もありません。

1993年特許権取得。
用途:コーヒーバッグ(コーヒーフィルター)・だし袋・薬草茶バッグ・浴用剤袋

FK原材料 アクリル樹脂

FKとは、不織布やフィルム、紙等に特殊なアクリル樹脂を発泡コートしたもので、発泡樹脂一つ一つが吸盤の役目をし、ガラスや樹脂板やアルミ等の表面の平滑な対象物に簡単に密着したり、また、簡単に剥がしたり出来る不思議なシートです。接着剤を使った接着紙とは違いますので、剥がした後、樹脂が残ることはほとんどありませんが、万一残った場合は、濡れ雑巾で簡単に取ることができます。

用途:滑り止めテープ・教材用基材・窓用ディスプレイ用基材・ボード(簡易ホワイトボード、密着ボード等)・建築養生及び輸送用保護シート

PPS商品名 PPSペーパー(PPS湿式不織布) 原材料 PPS(東レトルコン®)

PPSペーパーとは耐熱性、耐薬品性、電気絶縁性といった特性を持つ軽量且つ緻密性に優れた、広幅(120cm)が可能な高性能ペーパーです。

PPSペーパーの特徴
1.耐熱性に優れています。長期耐熱性に極めて優れ、190℃での連続使用に耐えます。また、耐蒸熱性(耐加水分解性)に特に優れています。
2.耐薬品性に優れています。フッ素樹脂に匹敵する耐薬品を示し、200℃以下の状況では、アルカリ、有機溶剤および濃硝酸等一部の酸化剤を除くほとんどの酸に安定した耐性を有します。
3.電気特性に優れています。高温・高湿・高周波数のもとで、常に安定した電気特性を有します。
4.難燃性に優れています。火に対しても燃えにくく、高い自己消化性を有します。

用途:電気絶縁資材、プリント配線板材料、耐熱・耐薬品用濾過材他

??原材料:無機繊維・ポリアラミド繊維・エンジニアリングプラスチック繊維etc.・・・

現在不織布は、生活用品、医療、科学、電気等の分野で様々な機能を発揮し活用されています。今後とも、新素材の開発やエンジニアリングプラスチックの短繊維化、また各製法に於ける不織布の複合化等の進化とともに、21世紀につながるフレキシブルな不織布の開発を進めてまいります。

用途:透湿フィルター・メディカル用防水シート・ラミネート用基材

時代を先取りすることが時代のニーズに応えることです

テクノヒロセは、紙・特殊紙や不織布等シート状素材の加工専門メーカーとして、素材の持つポテンシャルを高めるとともに、使用目的にあわせた新たな機能を付与してきました。現在では、コーヒーフィルターや食品包材、衣料品等の身近な生活用品から、絶緑紙や医療用品、高性能フィルター、ハイテク先端技術分野へと幅広く製品を送り出しています。更に次の時代を見つめると、新たなニーズ・新たな可能性が見えてきます。新しい機能には、必ず新しいコンセプトがあるでしょう。今、わたしたちは、従来の樹脂含浸・熱処理等の時代から、新たな応用化学の視点に立って新機能開発を目指しています。

フレキシブルな発想が素材に新たな機能を見いだす

時代のニーズの多様化にともない、素材に要求される機能も高度かつ多岐にわたってまいりました。テクノヒロセは新時代のニューリーダーであるべく、長年の加工技術によって蓄積されたソフトとそのノウハウを基に、確かな品質とより高度な機能性を化学的な視点に立って追求しています。
そのため、他に類のない加工機や生産ラインを独自に設計し、素材へのあらゆる加工はもとより、小ロットの生産にも対応が可能となりました。私たちの"FUTURE SPIRITS"は、製法にとらわれない新しい素材をつくることです。機能を目的により選別し素材と複合させることにより、一層フレキシブルな新素材が生まれるのです。そして、その用途と可能性は今後も無限の広がりを持っています。

以下、ほんの一例です。あなたの身の回りにもHIROSEの技術が活かされているかもしれません。

電池用セパレーター

電池用セパレーター

アルカリマンガン、自動車用バッテリー、その他二次電池用セパレーターに使用。パピロン、HOPを用途及びニーズに応じそれぞれ使い分けし電池の機能向上のため重要な役割を果たしています。

コーヒーフィルター

コーヒーフィルター

EPシリーズ(PET/PP)は食品包装紙としては無味無臭。より安全で、ヒートシール性のある包装紙です。コーヒーの本当の味を出すための究極のフィルターとして高い評価を受けています。

オフセット印刷用不織布オフセット印刷用不織布

新素材をふんだんに使用。印刷適正、耐光性、寸法安定性等に優れた特性を有し、不織布では初めてオフセット印刷を可能にしました。ポスター、カレンダー用紙等として広く活用されています。

製品紹介PRODUCTS